ゆんのゆるゆるhappy healthy life

モノが溢れる世界でシンプルにこだわりながら健康美を手に入れることを目標に最小限で最低限で最高のセルフケアを探し求めるブログ シンプルライフ・オーガニック・セルフコンディショニング情報を体験を元に発信していきます!Simple is the best!

【湯シャン】危険!フケが増えた〜3ヶ月経ったレポ〜

先月のお話です。今になれば、あの時写真を撮って「グロ画像」と載せたらよかったなと思うのですが、フケが大量に出た日はもうそんな心の余裕がありませんでした。まじで。

湯シャン3ヶ月目のフケ大量発生

頭の後頭部の上の方だけなのですが、すごく集中してフケが大量に発生していました。
細かいものが雪のように・・・髪の毛をワサワサっと手で揺らすと落ちる落ちる。血の気が引きました。
こんなフケ、○十年生きてきて初めて見ました(T . T)

完全に敗者な気分。
f:id:happyaloha:20170106215152j:plain

何故いきなり大量に発生したのか?!敗因の検証をします。

フケの原因と考えられるもの

フケは、乾性フケと脂性フケに分かれるのだそうです。それらから考えられるものをリストアップしてみます。
  • 皮脂量の増加

  • マラセチア菌の増殖

  • 免疫力の低下

  • ストレス

  • 空気の乾燥

  • 洗いすぎの乾燥

  • シャンプーが合わない
  • 今回の敗因として可能性が高いもの

  • 皮脂量の増加
  • :湯シャン3日目はさすがにベタベタする気もします。雑菌が発生したのかな。
  • ストレス
  • :これは・・・仕事・・・(笑)
  • シャンプーが合わない
  • :BOTANIST、実は洗浄力と香料が強すぎるなと感じています。半年使ってみたけれど、もうちょい良さそうなものを探そうかな。もうちょっと優しい感じのものはないものか。
  • 洗いすぎの乾燥
  • :洗う時に、寒いので熱いお湯にして洗って後の空気の乾燥のダブルパンチな可能性もあります。

    フケと湯シャンの関係

    フケと湯シャンを関連付けるとすればきっと、皮脂量の増加というよりも、私の場合は湯シャンだけでは余分な皮脂が残されすぎていた可能性が大!!!洗い方を見直すか、湯シャン期間を縮めるか・・・・・

    フケがでる体質でもないので、やっぱり湯シャンが関係していると思ってもおかしくないですよね。

    その後の対策

    フケの大量発生の日、豚毛ブラシで落とすだけ落としてから、数日間、しっかり毎日(フケ用)シャンプーしました。
    結果、1週間もしないうちにおさまりました。

    ただ、やはり毎日シャンプーすると、逆に乾燥している感じになってしまいます。ちょっとかゆいし、逆に翌日オイリー感が増す。
    うーん。どうしたものか。

    スポンサーリンク



    現在の湯シャン

    結果、先月中旬からしばらくは人に会うことも多いので、シャンプーと湯シャンを1日置きという形で短縮しております。
    その間に洗い方を研究します。
    伸ばせるなら伸ばします。チャレンジャーです。もう一回フケが出たら・・・たぶん心折れるかもしれませんが(笑)

    まとめ

    たぶん、フケに悩まされたのは私だけではないはずです。本当にパニックでしたw
    ただ、やはりシャンプー自体が体に与える影響も考えると、湯シャンをモノにしたい!!!という気持ちはあるのです。
    人生なかなか簡単に思うようにはいかないのですかね(笑)
    ここに挙げたこと以外にフケの大量発生の原因があるよ!と思った方、もしくは、おすすめシャンプーがあるよ!という方はコメントください。


    ゆん