ゆんのゆるゆるhappy healthy life

モノが溢れる世界でシンプルにこだわりながら健康美を手に入れることを目標に最小限で最低限で最高のセルフケアを探し求めるブログ シンプルライフ・オーガニック・セルフコンディショニング情報を体験を元に発信していきます!Simple is the best!

【ミニマリスト】モノは多くない方がいいの?

モノを貯め込む・捨てられないという性格を持ちつつ、それでもきっかけがあってモノがあまりない方が実は有意義で楽しくシンプルに生きることができると気づいてしまった私は、多分、向いている方向(憧れているだけ)はミニマリストに近いモノがあると思いますが、現実はまだまだミニマリストには遠いところでその先を見つめぼーっとしております。

まずは、シンプルにハッピーにおしゃれに生きたい!を目指す私が気をつけていることを紹介します。

過去の経験

20代の頃は、ショッピングもファッションも挑戦!とばかりに色んなものを購入し着ていました。
透けるもの、柄物、派手色、シンプルな色、エスニック、サーフ系、カジュアルにファンシー、ガーリーにボーイッシュ。
全く方向性が決まっていない気分によって好き勝手に購入していました。結果、陥った問題点

  • 収納スペースに収まらない

  • 1度しか着ない服や靴

  • 購入しても部屋のインテリアに合わない

  • 方向性が定まってないので似合わせるのが大変

  • 毎日着る服に悩む


  • セールで大量に買ったモノを友達と出し合ってファッションショーするのは楽しかったのですが、その後の始末は想像以上でした。
    簡単にモノは捨てられないし、収納スペースはパンパン。いっぱいの中から着たい服を探し出すのも大変ですが、何を持っているのかすら忘れていることも多くありました。ものが多いとそれこそ手間がかかるので掃除をする気にもならない。そのうち収納スペースの奥に追いやられていた服たちは湿気のニオイでひっぱりだしてもすぐには着れない。
    完全に悪循環です。
    私が完全に断捨離できたのは日本に帰国する引越しのときでした。服や靴の大半をセカンドハンドショップやリサイクル、友達にあげたり、どうしようもないものはゴミ箱に。

    断捨離して思ったこと

    引越しがいいきかっけになったのですが、モノを処分して最後の2ヶ月はトランク1つ分に収めまったもので生活をしていました。その1ヶ月はすっごくスッキリした気持ちで生活。
    憑き物が落ちたような感覚。モノが限られているので、服をそんなに迷わなくなりました。無駄な買い物をしなくなったおかげで、今月お金ない!ってこともありませんでした。部屋はいつもスッキリきれい。掃除も楽!必要なモノってそんなに多くないんだなーと気づいた瞬間です。部屋もスッキリ、収納スペースもスッキリ、気持ちもスッキリ!わーい!

    必要なモノを見極める

    このスッキリな気持ちがあまりにもクセになり、何かを買うときにはよく考えるようになりました。

  • 同じモノ持ってなかったか

  • タンスの肥やしにならないか

  • 着まわし・使い回しができるか

  • 衝動買いはしない


  • 買う前に吟味するクセをつけ、だんだんそれができるようになってきた私。迷いがあるモノに関しては、1度家に帰ってやっぱり欲しいと思ったら後日買うというスタイルになってきました。1度家に帰ると結構「あ、いらないわ」と思えることも実は多いんです。

    得したこと

    無駄に散財するショッピングをしなくなったおかげで、勝手に節約されていきました。
    勝手に節約されたお金でできるようになったことは、旅行です。
    どこかへ行くのが大好きなのに、旅費を貯めることが今まですごく難しかったのですが、断捨離後の生活は年に3回ほどの旅行は海外・国内問題無し。自分にとっては「いいお金の使い方ができてる❤️」と納得のいく生活。
    もう、シンプルな生活にやみつき!お金の使い方に納得できるようになった後、無駄にコンビニに寄って何かを買うこともなくなり、その分新鮮な野菜などを買うなど「賢く使う」「自分にとってポジティブな方向に使う」ことも考えられるようになってきました。

    スポンサーリンク



    ライフスタイルの変化

    20代の後半に「お金の使い方」と「シンプルライフ」に目覚め、30代を迎え、仕事中心なライフスタイルの変化もありますが、加齢によって選ぶものも変わってきたように思います。

  • 私服より、仕事服でいる時間の方が長い

  • 子供と接する機会が多い

  • 仕事上日焼けをする時期がある


  • 私服を着る機会はだいぶ減りました。ちょっと寂しいけど、その分私服を着る時はおしゃれを楽しみたい。けれど、流行りにとらわれすぎるとそれこそ1年に2度着るか着ないかのものもでてきます。質のいいもの、ずっと着れそうで着心地のいいもの、着まわせるものを選ぶようになりました。
    周りでも子育てママが増えてきたため、自分に子供がいなくても接する機会が増えました。それこそおしゃれ服にこだわると全くその場が楽しめなくなってしまうので、お出かけ用だけどシンプルで汚されてもオッケーな服も用意。
    日焼け肌の時期には似合わない服の柄や色があります。淡い色は特に日焼け肌にはマッチせず。極端に似合わせるのが難しくなりそうな色は避けて購入。

    試着は重要

    アラサーになって試着の重要性を感じます。自分の心の年齢と実際の見た目の年齢がマッチしていないことがあるからです(笑)
    着てみたら全然イメージと違ったことも最近は多く感じます。
    似合うものをおしゃれに着たいとおもったらやっぱり試着は重要!
    自分では変わっていないつもりでも、鏡の前に立つと違和感があるのはきっとちょっと年齢を重ねた証拠かもしれません。
    それなら、毎年ある程度は洋服の入れ替えも必要になります。大量購入は避け、必要なものだけを選ぶ。似合わなくなったなと思ったら素直に誰かにあげたりしています。できるだけタンスの肥やしは増やさないことも心がけないとあっという間に収納スペースがなくなっちゃいます(笑)

    まとめ

    必要なものと必要でないものの整理ができるだけで、心も整理されている気がします。
    完全にシンプルな生活になった訳ではありませんが、徐々に自分の心地いい空間で生活ができるように心がけていきたいと思います。人生のイベントごとによっても、持ち物や生活ってきっと変わるはず。子供が生まれたらそれこそ自分だけのシンプルな空間は保てないとは思いますが、その辺は臨機応変に。いろいろ工夫していこうと思います^^